自社に合った建築見積ソフトがわかる│ケンミツナビ
自社に合った建築見積ソフトがわかる│ケンミツナビ » 建築見積ソフトの基礎知識

建築見積ソフトの基礎知識

目次

建築見積ソフトとは

建築見積ソフトとは、建築現場で見積書などの作成を行えるソフトです。搭載されている機能はソフトによりさまざまですが、見積書の作成や印刷のほかにも、実効予算書や請求書・発注書などさまざまな書類の作成を行う、関連書類へ必要なデータを自動転記するといった機能もあります。また、粗利率や積算の自動計算、原価・受発注の管理のほか、営業管理・顧客管理まで行えるソフトも提供されています。

このように、見積書の作成以外にも多彩な機能を備えている建築見積ソフトも多いため、まずは「自社ではどのような機能が必要なのか」を考えた上で、そのニーズに合わせて導入するソフトを選択することがポイントとなってきます。

また、見積書を作成する際にはExcelなどの表計算ソフトを使用しているケースもあるでしょう。その場合には、建築見積ソフトを導入することによって、より簡単・スピーディーに見積書を作成できるようになる可能性が考えられます。

建築見積ソフトは複数人で同時に作業ができる、クラウド型のソフトの場合は情報の共有がリアルタイムに行える、データ量が増えたとしても管理や検索がしやすいといった特徴があることから、スムーズな見積書の作成や管理に繋げられるでしょう。

建築見積ソフトの料金

建築見積ソフトは、大きく分けてクラウド型とソフト型があります。クラウド型は月額料金を支払って利用する製品が多い一方、ソフト型は買い切りが一般的です。

初期費用を抑えたいならクラウド型がよいですが、月々の料金が気になるならソフト型が適しています。料金・価格は製品によって異なりますが、機能やサポートも含めて選びましょう

ソフトとクラウドの違い

クラウド型は、インターネットを通して利用できる建築見積ソフトです。製品によっては、スマホ・タブレットで利用できる場合があります。

ソフト型は、パソコンなどの端末にインストールして利用する建築見積ソフトです。端末があれば、インターネットに接続できない状況でも見積書を作成できます。いずれもメリットが異なりますので、企業によって向き不向きが分かれます

無料版(フリーソフト)は使っても良い?

建築見積ソフトの中には、無料で利用できる製品もあります。無料版は費用がかからないので、コストを大幅に抑えることが可能です。

しかし機能の制約が大きく、試用期間を設けている製品もあります。企業で使うなら、有料版の建築見積ソフトを導入したほうがよいでしょう。有料版は機能が豊富なうえ、導入後もメーカーの手厚いサポートが受けられます。

建築業で使えるIT導入補助金

IT導入補助金は、業務効率化や省力化を目指す事業者に対して、ITツール導入費用を補助する制度です。建築業においても、建築見積ソフト導入時にIT導入補助金を利用できる可能性があります。

ソフト購入費用のほか、クラウドの利用料や関連経費も補助対象です。支給限度額や補助率の上限があるものの、導入費用を抑えられるのはメリットといえます。

Excelと何が違う?建築見積ソフトでできること

見積書を作成する際、Excelで作業している企業も少なくないでしょう。しかし、建築見積ソフトを導入すれば、業務効率を高められる可能性があります

建築見積ソフトは簡単・スピーディに見積書を作成できるほか、製品によっては関連書類を自動作成できます。クラウド型ならデータ共有もしやすいため、リアルタイムなやり取りも可能になります。

建築見積ソフトを導入するメリット・デメリットとは

建築見積ソフトに搭載されているさまざまな機能には、業務効率アップの効果が期待できます。人の手で行う場合は、どれだけ気を付けていても計算ミスや記載間違いなどが発生する可能性があります。建築見積ソフトを使用することでヒューマンエラーを未然に防げるはずです。

一方で、情報漏洩のリスクや操作方法を覚えなくてはならないといったデメリットもあります。メリットとデメリットを踏まえた上で、建築見積ソフトの導入を検討しましょう。

建築工事規模別
建築見積ソフト3選

見積業務の効率化をするには、ソフトの「導入」だけではなく、きちんと「使いこなす」ことが重要なポイント。過去の見積や取引先とデータの取り込み・連携がしやすく、導入前後のサポートも充実しているおすすめのソフトを紹介します。

小規模施設の
「建築見積ソフト」なら
使えるくらうど建築見積V2
アサクラソフト
社内外を問わず使用でき
現場での見積作業を実現
アサクラソフト公式
※アサクラソフト公式
(https://kenchiku-mitsumori.tsukaeru-cloud.jp/)
階層数 5階層
サポート体制

デモ画面・操作感を導入前にオンライン/訪問で確認することが可能。専属のサポートスタッフが運用開始まで支援します。導入後は契約者専用のコールセンターがあり、不明点を問い合わせることができます。

使えるくらうど建築見積V2
公式HPで製品詳細を見る

電話で問い合わせる

機能や特徴を詳しく見る

中規模施設の
「建築見積ソフト」なら
Kensuke Neo
アドバン
積算や原価ソフトとの連携で
一気通貫の効率アップ
アドバン公式
※アドバン公式
(https://advan-jpn.co.jp/lp/kensuke_neo/)
階層数 10階層
サポート体制

導入前のオンライン/訪問でのデモ説明に加え、無料でソフトの貸し出しを行っており、実物件を使って試用評価が可能。リモートサポートや操作指導を回数制限なく無料で実施し、ソフトのバージョンアップにも対応します。

Kensuke Neo
公式HPで製品詳細を見る

電話で問い合わせる

機能や特徴を詳しく見る

大規模施設の
「建築見積ソフト」なら
KYOEI COMPASS 2.0
協栄産業
サブスク型の契約で
一定期間だけの利用も可能
協栄産業公式
※協栄産業公式
(https://www.kyoei.co.jp/fks/index.html)
階層数 16階層
サポート体制

導入前は持ち込みデモを実施。導入後は、有料もしくは一部有料にて、訪問でのOS環境設定やインストールを行う初期導入作業や、業務課題へのコンサルティングを実施。製品アップデートはHPからダウンロードが可能です。

KYOEI COMPASS 2.0
公式HPで製品詳細を見る

電話で問い合わせる

機能や特徴を詳しく見る

2023年6月19日時点、Googleで「建築見積ソフト」の全検索結果を調査し確認できた31製品のうち、
・過去データの取り込みや取引先とのやり取りをスムーズに進めることができる「Excelからのデータ取り込み機能」を備えている
・見積ソフト利用を定着させるために必要な「導入前後のサポート」が受けられる
・自社の建築工事規模に耐えうる見積書の作成が可能か判断できる「対応可能なデータ階層数」がわかる
上記3点全てを公式HPに明記しているのは3製品だけでした。それら3製品の【入力可能な階層の最大数】を基準に、工事規模別のおすすめ製品としています。

【特集】積算ミスの防止 業務効率UP
【特集】積算ミスの防止 業務効率UP